看護師の求人サイトの求人詳細をみると、【看護師】求人と、【准看護師】求人に区分されている事に気づいた事はありますか?皆さんが一般的に、「看護師 求人」などと検索する時には、「看護師 」としての職場を検索していると思いますが、看護師さんには2つの種類があるのです。

【准看護師】 比較的、短時間+低い費用で、かつ働きながら資格を取得する事が可能です。
准看護師の特徴は、看護師と比較すると、資格を取得する機関が短いという事です。入学要件としての最終学歴は、中学校の卒業が必要です。さらに、最短2年間の養成所へ通いながら、働けるカリキュラムがある為、何よりも早く現場に出て働く事をめざしている人には、最適な資格です。准看護師の資格試験は、年間に都道府県別のブロックごとに、複数回行われる為、受験しやすい資格となっています。「看護師 求人」サイトなどをみると、看護師から比較すると、若干、給与が低めの設定になっていますが、求人に関しては困る要素はないと言う現役の人たちがほとんどです。業務内容に関しても、ほぼ看護師との差異はみられませんが、「自らの判断で、看護業務が行えない」為、キャリアの面では不利になる事を考え、実務的な実力を蓄えてから、正看護師へのステップアップをする人は多いです。今後は、正看護師との統合が計画されているようでもあります。

【正看護師】人最速でも21歳からの資格取得となり、費用は准看護師から比較すると高めです。
入学要件としての最終学歴は、高等学校以上の卒業が必要です。その後、4年制大学、短期大学、専門学校、看護学校(養成所)のいずれかに3年以上在籍し、卒業する事で資格受験資格が得られます。准看護師の3年の実務経験を積んだのちに、正看護師の資格を取得する事も可能です。その際には、看護学校養成所2年課程(全日制)or3年課程(定時制)で学び、国家試験を受験し免許を取得する流れになります。通信制の看護学校養成所も選択できますが、准看護師としての実務経験が通算10年以上必要となります。保健師、助産師、専門看護師、認定看護師、特定看護師、などへのキャリアアップには、正看護師の資格取得が必要です。